月刊 We learn

月刊 We learnとは

月刊「We learn」は、男女共同参画のための専門情報誌です。
毎月、特集テーマを組む他、“学びのスイッチ−男女共同参画Ato Z”では、「人権を守るために役立つ法律」を年間テーマとして取り上げます。

毎月1日発行、B5判20頁
年間購読料(税・送料込) 1年 4,000円/3年 11,000円

※バックナンバー 1冊 308円(税込・送料別)

役立つ情報

学びのスイッチ〜男女共同参画AtoZ

男女共同参画に関する事業の企画・実施に役立つテーマを取り上げます。2016年度の年間テーマは「人権を守るために役立つ法律」です。

きょうの数字/きょうのキーワード

今知っておきたい数字や言葉について取り上げ、わかりやすく解説します。

人気連載

シネマ女性学

ジャーナリスト・映画評論家の松本侑壬子さんが注目の映画を紹介します。

Gender×建築(新連載)

建築に関わる人からまちづくりまでをジェンダーの視点でひも解いていきます。全国女性建築士連絡協議会を立ち上げ、地域計画や居住環境づくりに取り組んできた(株)計画工房代表の村上美奈子さんによる連載です。

注文する
「We learn」とは(『We learn』2002年4月号、巻頭言より)
現代は、多様な分野、境遇、年代にある女性たちが、力をつけるための学習の必要を自覚し、自らの気づきや、より適切で有効な手法での学習を、日常の場でそれぞれが開拓する時代に入っていると思います。「We learn」はその営みを総称する合言葉となり、学びへのきっかけづくりや全国的な情報交換の場としてお使いいただけるように、との思いを込めました。

最新号

2016年6月号(No.753)特集:議会は女性にひらかれているか? 最新号のお知らせ

  • 巻頭言:女性の代表をめぐって/岩本美砂子
  • 研究レポート:ジェンダーに配慮した議会をめざして−国際的動向と我が国への示唆/武田美智代
  • 活動情報:女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク(む・しネット)/寺町みどり・島村きよみ(岐阜県)
  • 海外情報:カナダ 雇用分野のポジティブ・アクション/犬塚典子
    コラム@カナダ 履歴書に書ける仕事を作ってあげたい/川村めぐみ
  • このひと:鎌田華乃子さん(NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン代表理事)
  • シネマ女性学:『不思議なクニの憲法』ドキュメンタリー映画(122分)松井久子監督
    −憲法は、だれのもの?/松本侑壬子
  • 学びのスイッチ−男女共同参画A to Z:
    非正規労働「パートタイム労働法〜改正して何が変わったの?」/中野麻美
  • きょうの数字:52
  • きょうのキーワード:若者雇用促進法(青少年の雇用の促進等に関する法律)
  • 言いぶん・even:
    ロールモデルがいない!?/大橋重子(東京都)
    夫の海外転勤、そのとき妻は・・・/倉本祐子(神奈川県)
  • Gender × 建築:ひと・すまい・まち 第3回 全国から女性建築士が集まる/村上美奈子
  • ざ・ぶっく:
    『私たちの声を議会へ』−代表制民主主義の再生
    『相談の力』−男女共同参画社会と相談員の仕事
    『クラシック音楽と女性たち』
    『僕が家庭科教師になったわけ』−つまるところの「生きる力」
  • Women @ キャリア人財プラットフォーム
    第1期キャリア形成支援士から「女性への応援メッセージ」
    須賀朋子(北海道)/ 碇ともみ(東京都)/ 松本久美子(東京都)/ 遠田千穂(神奈川県)
  • 財団からのお知らせ:
    ・第4期(公財)日本女性学習財団認定キャリア形成支援士募集
    ・「オフィスWe learn」利用会員募集
    ・(公財)日本女性学習財団「賛助会員」募集

公開誌面

※印刷はできませんのであらかじめご了承ください。

バックナンバー

※2000年〜2002年3月までは月刊「女性教養」でお届けしていいます。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない場合は右のボタンをクリックし、手順に従ってインストールしてください。

関連情報

ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説