公益財団法人 日本女性学習財団 キャリア支援デザイナーご紹介

女性の自立 女性のキャリア形成を応援します!

中根 千鶴(なかね ちづる):東京都【第1期】

◆プロフィール
日本郵便㈱ 西荻窪郵便局 局長。
テレビ局の番組プロデューサーとして活躍後、特定郵便局だった稼業を継ぎ、現職。郵便局長業務と日本郵便(株)の「民間会社としてどうあるべきか」という視点での社風改革業務に携わる。44万人の従業員を抱える社内のキャリア形成策や働きやすい環境整備にも尽力。

20204月~20213月までの活動報告

〔日本女性学習財団のご紹介によるイベントに各種参加〕

〔職場でのパワハラ研修〕

〔社内お悩みご相談窓口〕

20184月~20193月までの活動報告

〔キャリア支援デザイナー ラーニング・ラボに参加〕

様々な方々のご活躍や人となりが拝見できるところが魅力で、出席された方々の想いがしっかりと聞ける等の充実感があるため、楽しみになり、始まってから一度も欠席していない。

〔アンガーマネージメント講習開催〕

昨年10月にファシリテーターの資格を取り、入門コースを教えられるようになり、早速、社員に怒りのコントロールについて講師を務めた。来年度はさらに多くの社員への講習を企画中。

〔社内社員等に対する相談担当として活動〕

日本中から連絡があるお悩み支援相談係として、今年度も一緒に解決策を練るなど、数多くの社員と関わった。辞めたい気持ちをもつ人を数名落ち着かせた。

20164月~20173月までの活動報告

〔社内の社員を勇気づけるお悩み相談係〕

社員数は多いのだが、会社の組織構造が全体に狭い範囲内で業務を行わなければならない環境となっているところからくる問題が多数発生し社員の逃げ場がない。常時、希望する社員の様々な話を聞き、一緒に解決策を考えている。昨年は50人を超える相談者。毎年どんどん増えてきている。

〔夏の交流会「キャリア人財プラットフォーム活用術」への参加〕

2016年7月16日のキャリア形成支援士交流会では、人材ではなくまさに人財であることを教えられた。多彩な職業を持つ方々を効果的な形にまとまっていけばいいのか、ヒントを得ることができた貴重な会だった。

〔第1回ラーニング・ラボの参加〕

2016年11月23日に話題提供で参加し、有識者の方々から真に具体的な対策等解決策及び元気をもらった。
企業内の問題はどうしても取り上げる時は一般的になりがちで、表面的な問題提起と解決策になってしまう。その場限りの、まさに起きている問題に全員で自分のことのように解決策を考えることは、非常に有意義で自分のコンサルタント業務の上でも役に立った。また想い出深いラボとなった。

2015年3月~2016年3月までの活動報告

〔女性活躍推進の各種研修の中で元気に毎日をおくる秘訣について講話をした。〕

日本郵政グループには、様々な研修や業務にまつわる専門知識を学べる郵政研修センターが国立にあり、東京支社人事部の依頼で、女性社員が集まる研修で講話をした。50人規模のクラスで、郵政の中で育った人にはまさに目から鱗となるような民間会社勤務の経験も入れて、日々の乗り切り方の話を楽しく話したところ、反響が大きく大変な手ごたえがあった。
この講話がきっかけで、社報にも載り、個別に悩み相談をしてみたいという社員がでてきたため、まだ組織化というところまではきていないが、色々なケースの事情を聞き、可能な限りのアドバイスを行っている。郵便局は局単位でみると少人数の社会。場合によっては、社員の逃げ場がないときもある。そんな中での乗り越え方も重要だ。相談してくれる社員はまだいい方だが、これは氷山の一角かもしれない。
狭い人間関係、業務が複雑、改正が多すぎる等々ほとんどの人が何かしらの悩みを抱えている現状。
話を聞いてもらえるだけでも救われると言われたこともあり、根深い問題が身近に横たわっていることを日々感じずにはいられない。


【キャリア支援デザイナー】に戻る


ページ上部へ