HOMEの中の出版物等のご案内の中の学習資料の中の東日本大震災復興支援事業報告書 「被災地支援者のエンパワーメントに関する調査研究」

出版物等のご案内

女性の教育・学習関係

東日本大震災復興支援事業報告書
「被災地支援者のエンパワーメントに関する調査研究」

公益財団法人日本女性学習財団編集発行
2012年、A4版、88頁、定価(本体762円+税)
ISBN:978-4-88931-236-2

 2011年度に本財団が実施した東日本大震災復興支援事業「被災地支援者のエンパワーメントに関する調査研究」を報告書にして刊行しました。地域の女性センターと男女共同参画の視点にたった防災・復興を考える上でヒントになる1冊です。

報告書の主な内容

■ 調査報告

女性センターの被災者支援活動
−施設スタッフ・ボランティアへのヒアリング調査から

■ シンポジウム記録(2012年3月2日開催)

災害・復興拠点としての女性センターを考える
−3.11以降この一年を語りあう

第I部 開会と挨拶

  大野 曜 (公財)日本女性学習財団理事長

  富山妙子 画家
 3.11 富山妙子の絵によるメッセージ
 調査報告
  新井浩子 (公財)日本女性学習財団専門調査員

第II部 パネルディスカッション

コーディネーター: 相川 康子 (特活)NPO政策研究所専務理事、元神戸新聞論説委員
「解題−はじめに」
パネリスト:

長沢 涼子 福島県男女共生センター事業課副主査
  「福島県男女共生センターによる被災者支援活動の取り組み」
福島 裕子 岩手県立大学看護学部准教授
  「もりおか女性センターと助産師専門職が連携して行った災害時女性支援活動」
瀬山 紀子 埼玉県男女共同参画推進センター事業コーディネータ
  「埼玉県男女共同参画推進センターの支援活動」
村田 晶子 早稲田大学文学学術院教授
  「女性の人権保障とまちづくりの拠点としての女性センター」

*発言順、肩書きは当時

■ 資料編:3.11以降に女性センターが実施した支援活動、震災・復興関連事業チラシ、参考文献等

注文する
ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説