月刊 We learn

月刊 We learnとは

月刊「We learn」は、男女共同参画のための専門情報誌です。
毎月、特集テーマを組む他、“学びのスイッチ−男女共同参画Ato Z”では、「人権を守るために役立つ法律」を年間テーマとして取り上げます。

毎月1日発行、B5判20頁
年間購読料(税・送料込) 1年 4,000円/3年 11,000円

※バックナンバー 1冊 308円(税込・送料別)

役立つ情報

学びのスイッチ〜男女共同参画AtoZ

男女共同参画に関する事業の企画・実施に役立つテーマを取り上げます。2016年度の年間テーマは「人権を守るために役立つ法律」です。

きょうの数字/きょうのキーワード

今知っておきたい数字や言葉について取り上げ、わかりやすく解説します。

人気連載

シネマ女性学

ジャーナリスト・映画評論家の松本侑壬子さんが注目の映画を紹介します。

Gender×建築(新連載)

建築に関わる人からまちづくりまでをジェンダーの視点でひも解いていきます。全国女性建築士連絡協議会を立ち上げ、地域計画や居住環境づくりに取り組んできた(株)計画工房代表の村上美奈子さんによる連載です。

注文する
「We learn」とは(『We learn』2002年4月号、巻頭言より)
現代は、多様な分野、境遇、年代にある女性たちが、力をつけるための学習の必要を自覚し、自らの気づきや、より適切で有効な手法での学習を、日常の場でそれぞれが開拓する時代に入っていると思います。「We learn」はその営みを総称する合言葉となり、学びへのきっかけづくりや全国的な情報交換の場としてお使いいただけるように、との思いを込めました。

最新号

2016年7月号(No.754)特集:インクルーシブ社会へのアプローチ 最新号のお知らせ

  • 巻頭言:インクルーシブな社会に向けて/遠藤智子
  • 研究レポート:障害児の教育とジェンダー/古田弘子
  • 活動情報:DPI女性障害者ネットワーク/佐々木貞子(東京都)
  • 活動情報:NPO法人無国籍ネットワーク/三谷純子
  • このひと:Arlene Zarembkaさん(弁護士)
  • シネマ女性学:『シアター・プノンペン』カンボジア映画(105分)ソト・クォーリーカー監督
    −悲劇を乗り越えて/松本侑壬子
  • 学びのスイッチ−男女共同参画A to Z:
    職場のハラスメント1/板倉由実
  • きょうの数字:29,198
  • きょうのキーワード:障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)
  • 言いぶん・even:
    市民主導のLGBT施策を〜千葉からの発信〜/松尾圭(千葉県)
    四重苦を実感したとき/遠藤雅子(東京都)
  • Gender × 建築:ひと・すまい・まち 第4回 家事大革命〜女性解放と住宅/村上美奈子
  • ざ・ぶっく:
    『インクルーシブシアターを目指して』−「障害者差別解消法」で劇場はどうかわるか
    『地球市民の人権教育』−15歳からのレッスンプラン
    『にじ色の本棚』−LGBTブックガイド
    『みやぎ3・11「人間の復興」を担う女性たち』−戦後史に探る力の源泉
  • Women @ キャリア人財プラットフォーム
    第1期キャリア形成支援士から「女性への応援メッセージ」
    大國英子(東京都)/大久保めぐみ(東京都)/小原尚子(神奈川県)/月川涼子(静岡県)
  • 財団からのお知らせ:
    ・第15回 ぶっく・とーく「女性たちの足跡から学ぶ現在・未来」参加者募集
    ・「オフィスWe learn」利用会員募集
    ・(公財)日本女性学習財団「賛助会員」募集

公開誌面

※印刷はできませんのであらかじめご了承ください。

バックナンバー

※2000年〜2002年3月までは月刊「女性教養」でお届けしていいます。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない場合は右のボタンをクリックし、手順に従ってインストールしてください。

関連情報

ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説