月刊 We learn

月刊 We learnとは

月刊「We learn」購読料改定のご案内

平素は本誌をご購読いただきありがとうございます。消費税増税によるコスト増等により、やむをえず、2014年4月1日より下記のとおり購読料を改定させていただきました。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

購読期間 1年 4,000円 (税・送料込)
購読期間 3年 11,000円 (税・送料込)
バックナンバー 1冊 308円 (税込・送料別)

2013年4月号より、月刊「We learn」をリニューアルしました!

月刊「We learn」、ますますパワーアップします!

毎月、特集テーマを組む他、女性関連施設の職員のみなさまに大好評の“学びのスイッチ−男女共同参画Ato Z”をはじめ、さらに内容も充実していきます。引き続き月刊「We learn」をよろしくお願いします。

毎月1日発行、B5判20頁
年間購読料(税・送料込) 1年 4,000円/3年 11,000円

※バックナンバー 1冊 308円(合併号 617円)(税込・送料別)

役立つ情報

学びのスイッチ〜男女共同参画AtoZ

男女共同参画に関する事業の企画・実施に役立つテーマを取り上げます。2015年1〜2月は女性関連施設における相談事業を予定しています。

きょうの数字/きょうのキーワード

今知っておきたい数字や言葉について取り上げ、わかりやすく解説します。

人気連載

シネマ女性学

ジャーナリスト・映画評論家の松本侑壬子さんが注目の映画を紹介します。

Women’s Art

さまざまなアートをジェンダーの視点で読み解いていきます。2014年度は、国立音楽大学 名誉教授小林緑さんによる連載「音楽をジェンダーの視点で聴き直す」です。

注文する
月刊「We learn」とは:
月刊「We learn」は、男女共同参画のための専門情報誌です。 創刊は1952年、「女性が自ら教養を高め、力をつけること」を目的に月刊「女性教養」として出発しました。2002年に現誌名に改めましたが、「女性教養」の志を受け継ぎながら、女性の活躍・エンパワーメントを進めるための情報を発信しています。

最新号

2015年2月号(No.738)特集:女性と起業 最新号のお知らせ

  • 巻頭言:現代お姫様考 そしてキャリアへ/亀田温子
  • 学びのスイッチ−男女共同参画A to Z:
    女性関連施設における相談事業2
    ─相談を受ける、広げる仕組みづくり/新堀由美子
  • きょうの数字:16.0
  • きょうのキーワード:社会起業家
  • 研究レポート:女性の起業と社会性/服部篤子
  • このひと:福井真紀子さん(株式会社ハーモニーレジデンス代表取締役)
  • シネマ女性学:『何を怖れる─フェミニズムを生きた女たち』
    日本(ドキュメンタリー)映画(111分)松井久子監督
    ─若い世代へ─私たちはこんなことを考え行動した/松本侑壬子
  • 活動情報:札幌市男女共同参画センター/菅原亜都子
  • 海外情報:ニュージーランド/原田真見
  • 言いぶん・even:
    「女性と防災」テーマ館に向けて/鈴木政徳(宮城県)
    はるばる?九州から参加しました!/西嶋史(福岡県)
  • Women’s Art:
    音楽をジェンダーの視点で聴き直す
    第10回音楽家の舞台衣装とジェンダー/小林緑
  • ざ・ぶっく:
    『大学生のためのキャリアデザイン入門』−赤松良子自叙伝
    『日本占領とジェンダー』−米軍・売買春と日本女性たち
    『ヌードと愛国』 
    『グリーフサポートせたがや連続講座 哀しみに寄りそいともに生きる』
  • Women @ スペースWe learn:
    2014年度地域における男女共同参画に関する研修事業
    情報事業担当者支援講座─情報事業をコーディネートする!─
  • 財団からのお知らせ
    ・第12回ぶっく・とーく 『わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。』
     ─未来をうばわれる2億人の女の子たち
    ・2014年度受賞レポート報告会 パネルフォーラム学びがひらく

公開誌面

※印刷はできませんのであらかじめご了承ください。

バックナンバー

※2000年〜2002年3月までは月刊「女性教養」でお届けしていいます。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない場合は右のボタンをクリックし、手順に従ってインストールしてください。

関連情報

ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説