月刊 We learn

月刊 We learnとは

月刊「We learn」購読料改定のご案内

平素は本誌をご購読いただきありがとうございます。消費税増税によるコスト増等により、やむをえず、2014年4月1日より下記のとおり購読料を改定させていただくことになりました。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

購読期間 1年 4,000円 (税・送料込)
購読期間 3年 11,000円 (税・送料込)
バックナンバー 1冊 308円 (税込・送料別)

2013年4月号より、月刊「We learn」をリニューアルしました!

月刊「We learn」、ますますパワーアップします!

毎月、特集テーマを組む他、女性関連施設の職員のみなさまに大好評の“学びのスイッチ−男女共同参画Ato Z”をはじめ、さらに内容も充実していきます。引き続き月刊「We learn」をよろしくお願いします。

毎月1日発行、B5判20頁
年間購読料(税・送料込) 1年 4,000円/3年 11,000円

※バックナンバー 1冊 308円(合併号 617円)(税込・送料別)

役立つ情報

学びのスイッチ〜男女共同参画AtoZ

男女共同参画に関する事業の企画・実施に役立つテーマを取り上げます。女性差別撤廃条約(4〜5月)、ジェンダー統計(6〜7月)を予定しています。

きょうの数字/きょうのキーワード

今知っておきたい数字や言葉について取り上げ、わかりやすく解説します。

人気連載

シネマ女性学

ジャーナリスト・映画評論家の松本侑壬子さんが注目の映画を紹介します。

Women’s Art

さまざまなアートをジェンダーの視点で読み解いていきます。4月からは、国立音楽大学 名誉教授小林緑さんによる連載「音楽をジェンダーの視点で聴き直す」です。

注文する
月刊「We learn」とは:
月刊「We learn」は、男女共同参画のための専門情報誌です。 創刊は1952年、「女性が自ら教養を高め、力をつけること」を目的に月刊「女性教養」として出発しました。2002年に現誌名に改めましたが、「女性教養」の志を受け継ぎながら、女性の活躍・エンパワーメントを進めるための情報を発信しています。

最新号

4月号(No.729) 特集:超高齢社会時代へ 最新号のお知らせ

  • 巻頭言:長寿社会に生きる/秋山弘子(PDFファイル236KB)
  • 学びのスイッチ−男女共同参画A to Z:
     わたしたちの宝もの1/石ア節子
  • きょうの数字:16.7
  • きょうのキーワード:ジェロントロジー
  • 研究レポート:シニア層にとっての学び─立教セカンドステージ大学の経験から/庄司洋子
  • このひと:桑原静さん(BABA ラボ代表)
  • シネマ女性学:『ワレサ 連帯の男』ポーランド映画(127分)アンジェイ・ワイダ監督
    ―映画でつづる歴史/松本侑壬子(PDFファイル275KB)
  • 活動情報1:高齢社会をよくする下関女性の会(ホーモイ)/田中隆子
  • 活動情報2:関西学院大学「ハッピーキャリアプログラム」/大内章子
  • 言いぶん・even:
     情報事業担当者支援講座をきっかけに/小暮美穂(栃木県)
     「小保方さん報道」に観るメディアリテラシーとジェンダー/金井真人(東京)
  • Women’s Art:
     音楽をジェンダーの視点で聴き直す−第1回 女性でも作曲できる?/小林緑
  • ざ・ぶっく:
     『性と柔(やわら)』−女子柔道史から問う
     『テレビ報道職のワーク・ライフ・アンバランス』−13局男女30人の聞き取り調査から
     『会津が生んだ聖母 井深八重』−ハンセン病患者に生涯を捧げた
     『投稿誌「わいふ」の50 年』−普通のおんなの証言集
  • Women @ スペースWe learn:パネルフォーラム学びがひらく
     2013 年度「日本女性学習財団賞」受賞レポート報告会
  • 財団からのお知らせ

 ・2014(平成26)年度 事業計画

公開誌面

※印刷はできませんのであらかじめご了承ください。

バックナンバー

※2000年〜2002年3月までは月刊「女性教養」でお届けしていいます。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない場合は右のボタンをクリックし、手順に従ってインストールしてください。

関連情報

ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説