HOMEの中の出版物等のご案内の中の学習資料の中の「女性の活動と学習に関する調査」報告書

出版物等のご案内

女性の教育・学習関係

女性のキャリア形成支援ハンドブック
−講座企画・運営・評価のポイント−

財団法人日本女性学習財団発行
2011年、A5判、80頁、定価(本体800円+税)
ISBN:978-4-88931-234-8

・ 女性が社会をつくる一員であること、つまり経済活動への参画を前提にして生涯にわたる「キャリア形成」を行うことが重要なテーマとして注目されています。財団がこれまでに実施してきた女性のキャリア形成支援・ライフプラニング支援のための講座の成果を踏まえ、女性センター等女性関連施設、大学、NPOなどで女性のエンパワーメントのための講座を企画・運営している方々に手にとっていただけるようにこのハンドブックを作成しました。
・ T.基礎編では、女性を対象とした生涯にわたる"キャリア形成支援"がなぜ必要なのかということについて解説、U.実行編では、キャリア形成支援の講座を実際に企画・運営するためのポイントをわかりやすくまとめています。V.事例編では本財団が実施したプログラム事例を対象者別に紹介、W.資料編には実際の講座で使っていただけるワークシートもついています。
・ 女性のキャリア形成支援の講座を企画・運営する担当者の方に是非お手元においていただきたいコンパクトな1冊です。ぜひご活用ください。

<執筆者>

亀田温子 (十文字学園女子大学社会情報学部教授)
大槻奈巳 (聖心女子大学文学部准教授)
岡村清子 (東京女子大学現代教養学部教授)
隈元りえ子 ((株)資生堂宣伝制作部制作グループリーダー)
福沢恵子 (ジャーナリスト、昭和女子大学客員教授)
森山貴代 (キャリアカウンセラー、i&iコミュニケーション・ラボ代表)
安田 順 (経営コンサルタント)
瀬山紀子 (埼玉県男女共同参画推進センター事業コーディネーター)

内容

I.基礎編 なぜ女性を対象とした"キャリア形成支援"が必要なのか?

  • [1] 女性を対象に実施する必要性
  • [2] キャリア形成におけるライフプランニングの重要性
  • [3] 女性センターで「女性のキャリア形成」を支援することの意義
  • [4] 事業の評価基準について
  • [5] 事業担当者としての心構え

II.実行編 「女性のキャリア形成支援」講座の実施に向けて

  • [1] 企画
  • [2] 実施
  • [3] 当日運営
  • [4] 事業評価

III.事例編 キャリア形成支援のための対象者別プログラム例

  • 出産・育児期の女性
  • 現在就業中、離職・休職中、就業を目指している女性(20・30代)
  • 女子学生(大学・専門学校等)

IV.資料編

  • 「女性のキャリア形成支援」のためのワークシート
  • 参考文献
  • 「女性のキャリア形成支援」のための学習資料
ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説