HOMEの中の日本女性学習財団 未来大賞の中の第1回 日本女性学習財団 未来大賞

2017年度 第1回 日本女性学習財団 未来大賞 レポート応募のための説明会

 「第1回 日本女性学習財団 未来大賞」応募のための説明会を開催しました。

開催日時2017年5月25日(木)13:30〜14:30

会場スペースWe learn(日本女子会館5F)

参加人数4人

参考資料月刊「We learn」2017年4月号

  • 事業の流れ・様子

1.募集要項(趣旨、応募規定、提出方法、選考基準など)について説明

募集要項に沿って、趣旨や応募規定、提出方法、選考基準などについてご説明しました。

2.質疑応答

参加者のみなさまからのご質問にお答えしました。

  1. Q:図表やグラフ等は、字数に含まれるのでしょうか。
    A:含まれません。図表やグラフ等の掲載数は、常識の範囲でお願いします。
  2. Q:受賞した場合、氏名・年齢・所属・住所の一部(都道府県)・顔写真の公表は必須なのでしょうか。
    A:はい、公表することをご了承の上で、ご応募いただければと思います。受賞レポートは紙面、Web等で公開する予定です。
  3. Q:選考基準は、全て満たしていないといけないのでしょうか。
    A:選考基準はどのよう視点で選考するかを示しているものです。選考基準をもとに、総合的に選考します。

◆ご不明な点は(公財)日本女性学習財団学習事業課までご遠慮なくお問合せください。
(Tel/03−3434−7575)

第1回 日本女性学習財団 未来大賞 レポート募集

 「出発・再出発」をテーマに、男女共同参画社会、多様な人々が生きやすい社会の実現に向けて、次への一歩を踏みだしたい/踏みだした人(踏みだす人を支援する人・グループも可)の思いや過程などをまとめたレポートを募集します。

◇レポートの内容は、学校、家庭、仕事、地域活動、女性運動、NPOおよびNGO活動、社会教育・生涯学習活動、震災経験や復興に向けた営みなど、はば広い領域を対象とします。

◇性別・国籍を問いません。未発表のものに限ります。グループによる共同執筆可。

大賞 1篇 (奨励金 10万円)
締切 2017年8月31日(木)当日消印有効
※応募レポートを受け取りましたら1週間以内にその旨連絡します。連絡がない場合はお問合せください。
使用言語 日本語
書式
※詳細は必ず募集要項でご確認ください。
●5,000〜10,000字(見出し、小見出し、図表、年表等を含む。)
  パソコン(ワープロ)の場合 手書きの場合
用紙 A4判用紙 400字詰原稿用紙
書式 1ページ40字×30行に設定すること 黒インクまたは黒ボールペン 楷書で書くこと
●目次を本文とは別につけてください。
●要旨をつけてください(400字以内)。
●他の著書・論文・HP等引用した場合は、出典を明記してください。参考文献がある場合は書名・著者名・出版社名・刊行年・参考ページを明記してください。
応募方法 ●提出物
(1)応募レポート本文
(2)目次
(3)要旨
(4)所定応募用紙(ここからダウンロードするか、電話等で請求してください。)
・応募用紙(個人用応募用紙) <WORD版> <PDF版>
・応募用紙(グループ用応募用紙) <WORD版> <PDF版>
●提出方法
 郵送(簡易書留)またはE-mail添付
●提出先
公益財団法人日本女性学習財団 第1回未来大賞係
 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館5階
 E-mail : jawe@nifty.com
・応募レポートは返却しません。
・受賞レポートの著作権は本財団に帰属します。
・受賞レポートは月刊「We learn」2018年3月号に全文掲載します。
・受賞者氏名、所属、住所の一部(都道府県まで)、顔写真を公表します。
・レポートは公開(誌面・Web)を前提とし、個人情報保護に十分配慮してください。
結果通知 2017年12月中旬に応募者全員に通知します。
応募のための
説明会
募集の趣旨や応募規定、選考基準など、応募に関するご質問にお答えします。お気軽にご参加ください。
日時:5月25日(木)13:30〜14:30
会場:日本女子会館5階 スペースWe learn(ウィラーン)
(最寄駅 JR浜松町、都営浅草線/都営大江戸線大門、都営三田線芝公園)
資料代:350円
定員:20人(先着順)
お申込み・お問い合わせは財団事務局まで。(参加申込みフォーム:要事前申込み)
※参加が選考に関係することは一切ありません。
※当日の内容は財団HPに掲載します。
贈呈式 2018年3月3日(土)
※受賞者は出席をお願いいたします。
選考方法 「日本女性学習財団未来大賞選考委員会」の選考を経て決定します。
選考委員:
煦艨@正 立教大学特任准教授・本財団理事
服部篤子 (一社)DSIA 副代表理事・本財団理事
村松泰子 (公財)日本女性学習財団理事長(選考委員長)
藤井俊一 (公財)日本女性学習財団常務理事
参考資料 2017年度「第1回 日本女性学習財団 未来大賞」レポート 募集ちらし
2017年度「第1回 日本女性学習財団 未来大賞」レポート 募集要項
ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説