キーワード・用語解説

世界津波の日

2015年12月の国連総会において11月5日を「世界津波の日」とすることが決定された。この決議は日本をはじめ142ヵ国が共同提案したもので、〜甦警報、伝統的知識の活用、より良い復興(ビルド・バック・ベター)の重要性を確認した。また津波の脅威と対策について理解・関心を高めるよう国際社会に要請している。11月5日は1854年に紀伊半島を津波が襲った『稲むらの火』の逸話に由来する。これは村人の1人(濱口梧陵)が津波の襲来を察知、稲束に火を放ち避難誘導して村人を救助し、被災後は堤防建設に取り組んで村の復興・防災に尽力したというもの。戦前から国語教材として読まれ、災害時の教訓が盛り込まれたテキストとして海外でも注目され普及が進んでいる。初めての「世界津波の日」を迎えた2016年11月、アジア太平洋地域で「リレー津波防災訓練」等の関連行事が開催され、多くの市民が参加した。(2017.3)

参考:外務省 世界津波の日

  • フリーワード検索
ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説